お笑い芸人に特化したメディアです!!

有吉弘行が芸人に付けたアダ名傑作ランキング!3位は関根勤の「説明ジジイ」

有吉再ブレイクのきっかけとなったのが毒のある“あだ名”
2017/03/26 UPDATE
 
391 views
  • 電波少年ヒッチハイクの旅でブレイクするも、一度は干されテレビから消えてしまった有吉弘行。彼の再ブレイクのきっかけとなったのは、あの毒舌と芸能人につける毒がるがセンスのある《アダ名》。

    今回は『VenusTap』が男女500名を対象に「有吉が芸人に付けたあだ名のうち、最もうまいと思うものは?」というアンケート調査を実施。

    1位に輝いた“毒あだ名”は?


  • <最もうまいと思う「有吉が芸人につけたあだ名」ランキング>
    1位・・・品川庄司・品川祐「おしゃべりクソ野郎」(9.8%)

    2位・・・陣内智則「売名行為」(7.4%)

    3位・・・関根勤「説明ジジイ」(7.2%)

    同率4位・・・アンガールズ・田中卓志「ミイラのゾンビ」(7.0%)

    同率4位・・・ハイヒールモモコ「シャネルつぶし」(7.0%)

    名誉ある(?)堂々の1位に輝いたのは、2007年に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「一発屋にならないための方法」企画内で有吉が命名した、品川祐への「おしゃべりクソ野郎」。

    「リアルタイムで観ていて、腹筋崩壊した!」、「おしゃべりにクソ、どちらもピッタリすぎる」、「このアメトークは、まさに伝説の回だと思う」などと、絶賛コメントが相次いだ。
  • 1位は品川祐「おしゃべりクソ野郎」

  • 出典: venustap.jp
  • 名誉ある(?)堂々の1位に輝いたのは、2007年に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「一発屋にならないための方法」企画内で有吉が命名した、品川祐への「おしゃべりクソ野郎」。

    「リアルタイムで観ていて、腹筋崩壊した!」、「おしゃべりにクソ、どちらもピッタリすぎる」、「このアメトークは、まさに伝説の回だと思う」などと、絶賛コメントが相次いだ。
  • 2位陣内智則「売名行為」

  • 「藤原紀香との茶番ままごと婚を振り返ると、まさに売名行為」、「散々離婚ネタを引っ張るあたり、紀香芸人。結婚してれば、今ごろは水素水芸人でアメトーーク!」と、コメントも盛り上がりを見せた。

    しかし、過去には2014年に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、グラビアアイドルの矢吹春奈が「J内T則に口説かれた」と暴露。それに対し、陣内智則が自身のツイッターで「売名も甚だしい元グラビアがテレビで発言したらしいなぁ」と不満を呟く場面も。

    真相は藪の中だが、これにはネット民から「売名行為同士、お互いさま!」、「売名に陣内は使わないでしょ」と辛辣な声が相次ぐ結果に……。
  • 3位は大先輩・関根勤への「説明ジジイ」

  • 出典: venustap.jp
  • 「家族全員で笑い転げた」、「あだ名を付けられた側まで急に好感度が上がってしまうという、有吉マジック!」、「妙にしっくり来て、無性に自分も名付けてもらいたくなるという衝動に駆られた」など、改めて有吉弘行の腕を高く評価する声が数多く上げられた。

    ちなみに、この「説明ジジイ」は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でのあだ名付けの際、「ガチッと来てよ!」とノリノリな関根勤へ浴びせられたひと言。これには、司会の宮迫博之と蛍原徹も「大先輩や!」、「いいかげんにせーよ! ほんまに」とツッコミながらも、笑いを堪えきれない展開となった。
  • 有吉がこれまでに付けた毒あだ名一覧!!次ページへ

今、あなたにオススメ

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード